芸能ニュース速★まとめ

『芸能ニュース速★まとめ』へようこそ。 当サイトでは2chやTwitterなど芸能、音楽に関する情報(ニュース)の記事をまとめています。 相互RSS、相互リンクをご希望の方は、お手数ですが一報を頂けると幸いです。

    カテゴリ: 芸能



    1 ばーど ★ :2018/05/04(金) 17:06:20.78 ID:CAP_USER9.net

    香取慎吾さんのインスタグラムより(一部加工)

    (出典 www.j-cast.com)


    元SMAPの香取慎吾さん(41)が2018年5月2日、インスタグラムを更新し、イチゴを口にくわえる写真を公開した。

    ハッシュタグで、2月に行われた平昌オリンピックで流行った言葉「もぐもぐタイム」を使っていることから、香取さんが真似している様子がうかがえる写真となった。

    ファン「もぐもぐ王子」

    香取さんは同日、文章はないがハッシュタグのみで「#hkshingoart #香港慎吾アート#kissismylife #singtuyo #もぐもぐタイム」と投稿。

    「hkshingoart」とは、「香港慎吾アート」のことで、3月に香港で行われたアジア最大級のアートフェア「アート・バーゼル香港」に関連し、香取さんが香港の街の壁に絵を描くストリート・アートを製作していたこととみられる。

    「kissismylife」は、同じく元SMAPの草彅剛さん(43)とのユニット「singtuyo」で 4月から配信開始された新曲だ。

    平昌オリンピックでカーリング女子日本代表の選手らが試合のハーフタイムで作戦を組む時、イチゴやお菓子などを食べている様子がネット上で「可愛い」などと話題になり流行った「もぐもぐタイム」。

    香取さんは、この「もぐもぐタイム」を再現したとみられ、左手でつまんだイチゴを口にくわえている。

    この写真が公開されると、「いいね」が10万件を超えるなど大きな反響があり、コメント欄には、今回の投稿に対し、

    “「可愛いですね」
    「もぐもぐ王子」
    「なんだかセクシー」

    などの反応が上がっている。

    2018/5/ 4 11:57
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/05/04327729.html


    【香取慎吾+イチゴ+くわえる姿=「可愛い」】の続きを読む



    1 ストラト ★ :2018/05/05(土) 08:27:20.69 ID:CAP_USER9.net

    2016年11月にアニメーション映画も公開されヒットを記録したこうの史代氏の漫画『この世界の片隅に』が、TBS7月期の「日曜劇場」で連続ドラマ化されることがわかった。
    ヒロインのすず役には、3000人のオーディションを勝ち抜いた松本穂香(21)を抜てき。
    すずの夫・北條周作は松坂桃李(29)が演じる。

    すずの嫁ぎ先である北條家の面々にも豪華俳優陣が集結。
    とある事情で嫁ぎ先から出戻ってきた周作の姉・黒村径子は尾野真千子、周作と径子の父・円太郎は田口トモロヲ、母・サンは伊藤蘭が演じる。
    ドラマのオリジナルキャラクターも登場し、北條家の隣に住む刈谷幸子は伊藤沙莉、北條家の近くに住んでおり、夫が出征中の主婦・堂本志野は土村芳に決定した。
    すずの妹・すみは久保田紗友が演じる。

    原作の魅力を最大限に引き出すべく、スタッフ陣も強力。
    脚本は『ひよっこ』『最後から二番目の恋』などを手がけた岡田惠和氏、演出は『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』などの数々のヒット作で知られる土井裕泰氏。
    音楽は1994年の『時をかける少女』(フジテレビ系)以来、24年ぶりの民放連続ドラマとなる久石譲氏が務める。

    また、物語の舞台である昭和19年頃の広島・呉市を忠実に再現するため、呉市に当時から建っていた古民家を緑山スタジオのオープンセットに移築し、北條家のシーンの撮影を敢行。
    築94年の歴史を感じさせる傷や汚れは味わいとなり、北條家を包み込むような存在となっている。

    同作に関する会見が3日に行われ、松本と松坂が出席。
    作品への思いを聞かれた松本は「それぞれの何か大切なものを考えるきっかけになる作品になればいいなと。戦時中ということで、大変なこともあると思うんですけど、すずさんのように明るく前向きに最後まで頑張れたら」と意気込み。すず役に選ばれたことを知った瞬間については「正直うれしいとかいう感情よりも、ポカーンという感じで、事務所の方も『良かったね』と言ってくださったんですけど、信じられない気持ちでいっぱいでした。オーディションの時点から本当にやりたい、やるんだという気持ちでやっていたので、後から後からじわじわとすずさんをやるんだなと思うようになりました」と率直な思いを打ち明けた。

    一方の松坂も「この時代のものを、戦争を知らない僕らがやる意味は大事だなと。特にこういった作品をやらせてもらえるのは重要なことだと常々感じており、しっかりとこの世代でしか伝えられないことを伝えていくことができたらなと思っております。すずさんの夫ということで、しっかりと寄り添いながら、支え合いながら、小さな幸せを築いていけたら」と思いを力説。
    「お話をいただいた時は、これを連ドラでやるんだという衝撃の方が強かったですかね。ちゃんと時間を積み重ねて、視聴者のみなさんに届けられる楽しみ、ワクワクしました」と声を弾ませていた。

    2007年から09年まで『漫画アクション』で連載されていた同作は、広島・呉に嫁いだ主人公・すずが戦時中をたくましく生き抜く姿を描く。
    09年には『文化庁メディア芸術祭』マンガ部門優秀賞を受賞。
    16年のアニメ映画では女優・のんがすずの声を担当した。
    今回の連ドラ化にあたり、原作者のこうの氏は「脚本を拝見し、夢にも思わないほどすてきでうれしくなりました! 飛行機が離陸する時のように力強く走り出し、悠然と飛び立ってくれたなと感じています。こんなに魅力的なキャストのみなさんに演じていただけるのも楽しみです。重厚感のある傑作になると確信しています」とのコメントを寄せている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000330-oric-ent

    TBS日曜劇場「この世界の片隅に」に出演する松本穂香、松坂桃李

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    ヒロイン・すず役 松本穂香

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【松本穂香 「この世界の片隅に」ヒロイン・すず役に抜てき 3000人のオーディションを勝ち抜く】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/04(金) 15:58:23.70 ID:CAP_USER9.net

    浅田舞、ワンオクTakaとの熱愛認めた!?ミヤネ屋に「なんか…ありがとう…」
    2018年5月4日15時47分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180504-OHT1T50132.html

    浅田舞(左)と浅田真央さん姉妹

    (出典 www.hochi.co.jp)


    タレントの浅田舞(29)が、ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Taka(29)との交際報道について意味深発言を行った。

    妹の真央さん(27)企画による「浅田真央 サンクスツアー」に出演する舞。
    練習している長野を宮根誠司(55)が訪れ、浅田姉妹ら出演者に屋外バーベキューをふるまった。

    食事をしながらリラックスしたムードの中で熱愛報道に触れた宮根。
    「私、それこそ、練習を終えて部屋に帰ってきて、夕方にミヤネ屋を見ようと思って。なんか…ありがとう…。(熱愛報道を)やってました。見ました」と舞。
    「ありがとう」と肯定したともとれる一言がこぼれた。

    「ミヤネ屋」では、この報道を受けてTakaの母親である歌手の森昌子(59)を直撃。そのことについては「びっくりしちゃいました」と感想を語った。


    【浅田舞 熱愛について意味深発言?】の続きを読む


       


    1 名無し募集中。。。 :2018/05/03(木) 15:09:18.84 0.net

    日奈子ちゃんカワイソス(´・ω・)


    【【悲報】桜井日奈子 主演映画「ママドールボーイ」大惨敗】の続きを読む



    1 きのこ記者φ ★ :2018/05/03(木) 13:50:34.70 ID:CAP_USER9.net

    元モーニング娘。でタレントの中澤裕子(44歳)が、5月1日に放送されたバラエティ番組
    「ザ・パワーマップ!?アノ業界のリアルな力関係が一目瞭然?」(日本テレビ系)で、
    “福岡の女帝”と称されるほど福岡メディアで活躍していると紹介された。

    全国区の芸能人がどれだけ地方でレギュラー番組を持っているのか調査するという企画の中で、
    多くの芸能人を輩出している激戦区・福岡が取り上げられることに。
    そして、福岡でトップクラスの活躍を見せている人物として選出されたのが中澤だった。

    中澤は2014年に夫の仕事の都合で福岡に移住して以来、情報番組4本、ラジオが2本と、レギュラー番組を6本持っているという。
    全国区の知名度だけでなく、情報番組では主婦目線のコメント、ロケ番組ではキレのあるツッコミとアイドル時代に培った
    一般人への見事な対応を見せ、その上、プロ野球の試合の合間に営業活動も行っていることも紹介される充実ぶり。

    番組MCのチュートリアル・徳井義実(43歳)が「最強ですね」と感嘆すると、ベテランタレントたち
    ――大久保佳代子(46歳)からは「完成形」、井森美幸(49歳)からは「我々の目指すところ」と絶賛されていた。

    Twitterなどのネットでは「中澤裕子は福岡で再ブレイクしてたんだな」「意外だ…」「えー中澤姐さんの番組見てみたいなあ」
    「山本華世を超えただと…?」「地方の芸能人めっちゃいい」といった反応があるようだ。

    https://www.narinari.com/Nd/20180549341.html


    【福岡を牛耳る?女帝・元モー娘。中澤裕子!】の続きを読む

    このページのトップヘ