芸能ニュース速★まとめ

『芸能ニュース速★まとめ』へようこそ。 当サイトでは2chやTwitterなど芸能、音楽に関する情報(ニュース)の記事をまとめています。 相互RSS、相互リンクをご希望の方は、お手数ですが一報を頂けると幸いです。

    カテゴリ: 乃木坂46


    頑張ってほしいね

    1 ジョーカーマン ★ :2018/01/01(月) 17:03:15.02 ID:CAP_USER9.net

    乃木坂46の生駒里奈が1日、自身のブログを更新。
    アイドルを辞めようと思っていた過去を振り返り、12月31日をもってAKB48を卒業した渡辺麻友の存在が支えになっていたことを明かした。

    生駒里奈、紅白で「最高のパフォーマンスができました」
    2017年を、3回目の出場となった「NHK紅白歌合戦」で締めくくった生駒。
    「2017年の最後の日 私はとても楽しく色んな想いに溢れた24時間を過ごしました。ここまで来るのに様々な出会いと別れ、経験がありました。素直に仲間と呼べるのは、当たり前じゃない。仲間がいて私は嬉しいです」と集合ショットを添えて、グループの絆を再確認。

    紅白のステージについては「最高のパフォーマンスができました」と胸を張った。

    生駒里奈を支えた“光”渡辺麻友

    続けて「私の光まゆゆさんのアイドル人生最後のステージでした」と渡辺との密着2ショットを掲載。
    生駒の目は涙で潤んでいるようで、「ステージを観ながら、色んな思い出や感謝が湧き出てきました」と込み上げるものがあるようだった。

    生駒は2014年4月より約1年間、交換留学生としてAKB48チームBを兼任。
    以来2人は互いに尊敬しあう仲としてファンの間でも知られているが、渡辺について「まゆゆさんは乃木坂入る前から知ってる芸能人でした。過ごした時間や、知っている事は少ないかも知れません。しかし、まゆゆさんが教えて下さり、守ってくれたあのパワーは本当に凄かったです」とコメント。

    「アイドルって物が怖くなり、秋田に帰ろうと、ひっそりと静かに誰とも会わずに生きていこうとそう思っていた私に、もう少し頑張りたい。いや、ずっと頑張るんだ。この人になりたい。と勇気を下さいました」と挫折しそうになったときにも渡辺の存在に支えられていたという。

    グループを卒業し、新たなステージに進む渡辺へ「こんな風に強くなりたいと思って そこから私は変われました。まだ全然敵わないけれど、まゆゆさんは光です。これからも!よろしくお願い致します!!」とメッセージを送っている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1738243

    『NHK紅白歌合戦』 AKB48としてラストステージ 渡辺麻友

    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    (出典 tvcap.info)


    生駒里奈と渡辺麻友

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【乃木坂46・生駒里奈 引退を考えた時にある人の存在が支えに!】の続きを読む



    1 ジョーカーマン ★ :2017/12/28(木) 09:59:19.48 ID:CAP_USER9.net

    テレビ東京系ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』(2018年1月12日スタート、毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ毎週月曜 深0:12)のポスタービジュアルが公開された。
    出演者が全員コスプレ。
    『週刊少年ジャンプ』(集英社)の表紙を彷彿とさせるデザインは、本誌のデザインを手掛ける「バナナグローブスタジオ」の手によるもの。
    ジャンプ愛にあふれるビジュアルになっている。

    主演・伊藤淳史が演じる月山浩史は『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ。

    生駒里奈(乃木坂46)演じる火村智子は『NARUTO』のうずまきナルト。

    馬場徹演じる黒塚朝日は『北斗の拳』のケンシロウ。

    栁俊太郎演じる金城真治は『ろくでなしBLUES』の前田太尊。

    斉木しげる演じる土田跳躍は『僕のヒーローアカデミア』のオールマイト。

    佐藤仁美演じる木暮美樹は『Dr.スランプ』の則巻アラレ。

    寺脇康文演じる水川康介は『聖闘士星矢』のドラゴン紫龍(龍星座の紫龍)。

    新たに主人公・月山の上司となる、飲料メーカー太陽ドリンコ営業4課の課長、大嵐寿三郎役には、自らも「ジャンプ」の大ファンである、お笑い芸人のケンドーコバヤシが決定。
    ポスタービジュアルにも『魁!!男塾』の江田島平八を彷彿とさせるビジュアルで登場している。

    第1話のゲストとして、最上もが、浅香航大が出演する。

    同ドラマは、来年創刊50周年を迎える少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の全面協力のもと、制作されるオリジナル作品。
    物語は、かつて『週刊少年ジャンプ』が大好きで、夢中になって読んでいた飲料メーカーの営業マンの主人公・月山浩史(伊藤淳史)がとある秘密クラブと出会うところから始まる。

    そこは『週刊少年ジャンプ』を好きな人たちが集まる場所。
    『ジャンプ』の名作漫画、人気エピソード、お気に入りのキャラクターなどを大人たちが語り合うその秘密クラブで、悩みや葛藤を抱えながら生きる人たちの人生に触れ、主人公も少しずつ影響されながら変わっていく…。
    やがて、ヒーローに憧れていた主人公の月山は覚醒し、さらに、他のメンバーも覚醒しはじめ、ついには地球規模の災いに巻き込まれる(!?)、バカバカしくも壮大なドラマが繰り広げられる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000302-oric-ent

    「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」のポスタービジュアル 『NARUTO』のうずまきナルト 生駒里奈

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    ケンドーコバヤシ

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    最上もが

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    浅香航大

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    生駒里奈「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」ヒロイン役に抜てき

    (出典 pbs.twimg.com)


    乃木坂46 生駒里奈

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【乃木坂46・生駒里奈のナルトのコスプレwww】の続きを読む


    この顔はwww

    1 47の素敵な :2017/12/30(土) 23:35:24.23 .net



    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    あかーん!!! VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【乃木坂46のレコード大賞獲得の瞬間の横山由依の顔がヤバい!!】の続きを読む


       

    そんなのあるんだ

    1 shake it off ★ :2017/12/28(木) 19:01:21.62 ID:CAP_USER9.net

    乃木坂46の伊藤かりんと寺田蘭世が27日、仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、「乃木坂46流行語大賞」を発表した。

     番組序盤は、伊藤1人で去年までの流行語と、独断と偏見で選んだ特別賞を紹介。「黒石さん」や「46時間テレビ」、「さゆりんご軍団」とファンにはおなじみの言葉が並んだ。

     そして寺田がスタジオに到着し、早速2017年の流行語大賞の発表へ。まず第5位は、西野七瀬が乃木坂工事中の軍団勧誘プレゼンで言った「人生変わりました」。伊藤曰く「西野さんの言わされた感がすごい!」とのこと。

     第4位は「東京ドーム」。乃木坂46にとって、東京ドームでのライブは2017年の一大イベントとあって、2人とも「そりゃそうでしょ!」と納得のランクイン。

     第3位は、バナナマン日村の「ヒム子」。日村が扮する「ヒム子」が、神宮でのライブで登場した際、会場からの「キャーッ」という悲鳴を聞いた寺田は、「乃木坂終わったと思った」と感想を漏らした。

     第2位は、寺田オリジナル用語の「チャッス」。寺田家では、お茶のことを指すとのこと。「今日学校で使ったよ」といったコメントも見られ、寺田が思った以上に広まっていることに驚きの様子だった。

     そして、第1位となったのは「いやらしい目で見なければ。」。レギュラー番組『乃木坂工事中』内で、生田絵梨花と高山一実がバナナマン日村に対して放った一言。日村に関わる言葉がここでもランクインした事もあって、二人は「日村さんにご飯連れてってもらおう!」と日村へのアピールも忘れなかった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000360-devi-ent


    【乃木坂46 今年の『流行語大賞』第1位は!?】の続きを読む

    またセンター獲ってほしいね
       


    1 君の名は :2017/12/26(火) 21:50:14.39 0.net

     今年初の東京ドーム公演を成功させるなど絶好調のアイドルグループ・乃木坂46の生駒里奈(21)が、
    来年1月12日スタートのテレビ東京系連続ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」に主演する。

     漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の創刊50周年にちなんだオリジナル作品。
    生駒は漫画「NARUTO」のファンで、彼氏いない歴20年のオタク女子大生役を演じ、ソロでの連ドラ初主演を飾る。

    「テレ東では同じ乃木坂の人気メンバー・西野七瀬も1月スタートの連ドラに主演。
    かつては人気メンバーの1人だった生駒だが、今やすっかり西野と立場が逆転してしまった。
    以前からマンガ・アニメオタクを自称していた生駒だが、ある声優を扱った番組で人気アニメの声優の名前を間違え、ネット上では『オタクぶってるだけでは』などとバッシングを浴びてしまった」(テレビ局関係者)

     このところの乃木坂の楽曲では“選抜落ち”することもあり、主力メンバーが出席するイベントに登場する機会もグンと減ってしまった生駒だが、
    こうなってしまったきっかけは、あるテレビ番組での発言がきっかけだったというのだ。

     「13年に出演したバラエティー番組で、『おじさんは恋愛対象になるか』という質問に対して、
    生駒は『周りの人おっさんばかりだから』として恋愛対象にはならないことを告白してしまった。
    48グループに比べ乃木坂ファンの“おじさん率”は低いが、生駒は比較的おじさん層に支持されていたため、一気に人気がダウンしてしまった。
    生駒はそのことでかなり気を病んでいたが、イメージ回復には至っていない」(レコード会社関係者)

     ドラマの人気が出れば、なんとか巻き返しとなりそうだが…。

    http://wjn.jp/article/detail/8997202/ VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured


    【乃木坂46・生駒里奈 デビュー時と変わった環境に悩む日々!】の続きを読む

    このページのトップヘ